モバイル健全化への一歩

まだ我慢が必要ですか?

【8/3】UQWiMAX問題について活動開始から1ヶ月。私達の活動の成果と今後の活動の内容を整理しました【中間発表】

こんにちは、発起人の岡田です。

8月に入り活動開始から1ヶ月となりましたので中間発表……と言いますか、これまでの活動の内容と結果、今後の活動を整理させて頂きたいと思いますのでご確認下さい。

 

最初に

今回私達は1ヶ月の活動を通じて一定の成果を上げることが出来ました。しかしそれは様々な方々のご協力があってやっと辿りつけたものです。

私の提案に共に声をあげてくださった賛同者の皆様・活動のためにカンパ頂いた皆様、いち早く陳情をお聞き入れ頂き早急に調査を行って下さった都議会議員のおときた駿議員・国会議員の山田太郎議員、問題を受け止め掲載頂けたマスメディアの方々、請願に対して快く応じて下さった官公庁の皆様……本当に様々な方々のご協力のおかげで今回の成果に結びつけることが出来ました。こちらをどうしても最初にお礼させて頂きたく思います。本当にありがとうございました。

 

 

中間発表について

本来であれば7/30付近で発表予定でしたが体調を崩してしまい本日まで公開が遅れてしまいました。発表が遅れたことお詫びします申し訳ありません。

 

今回の活動において私は「出来る限り全ての活動を行おう」と頑張ってきましたが、そういった無茶な目標を設定して欲張ったために体調を崩してしまい逆に全ての作業が数日間止まってしまうという本末転倒な結果となってしまいました。

自分のキャパシティをわきまえず無理に活動したことで却ってみなさんにご迷惑をおかけすることになってしまったことを深く反省しております。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。

 

また同じ事になっては申し訳がたたないので自分の不甲斐なさを反省して今後は「自分の無理とならない範囲、みなさんにご迷惑をおかけしない範囲に絞って」活動を行って行きたいと思います。不甲斐ない発起人で申し訳ありませんが今後もご協力頂ければ幸いです。

 

今後の活動方針

今回の活動は集団訴訟賛同者が約2000名/署名が約6000名とかなりの大人数になりました。これだけ人が集まれば色々な立場の人がいてそれぞれが最終的に違う目標を持っていると思います。

 

今回みなさんがどういう事を望んでいるかTwitterやブログで沢山コメントを頂いたので一つ一つ全て確認させて頂きました。量がとても多く個別に返信できず申し訳ありません。

全てを解決……というのは私には無理なので皆さんが多く望んでいる3つの目標だけでも達成できるように活動させて頂きたいと思っております。

 

  1. 「無償解約を行って欲しい」
  2. 「制限を撤回/緩和して欲しい」
  3. 「詐欺なのか白黒つけたい」

 

具体的にはこの3つを目標とさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

前提.問題を提起する

これは賛同者みんなの共通の目標だと思っています。はてぶのホットエントリーから始まり、各種ニュースサイトへの波及。大手サイトでの掲載やTVでの放映など……様々な場所で問題を取り上げて頂く事が出来ました。

 

その影響を受けてかUQ社公式で制限の見直し発表が行われました。定期的に観測していた都内10店舗の家電量販店では「3日3GB」の案内を徹底するようになりましたし広告やポスターなどもかなり撤去が進みUQが配る店舗向けのパンフレットも新しいものになるそうです。

 

今後も他の活動を行っていくことで問題がもっと広まっていくと思いますし現段階で見ても一つ実を結んだと言えると思います。

 

※世間的に見れば小さなことかもしれませんが、みんなで団結して結果を出せたことをとても嬉しく思っています。本当にありがとうございました。

 

 

1.無償解約したい

今までの行動:総務省、消費者庁への請願 MVNO各社への連絡

現在の状況:UQ社がMVNO含め無償解約の個別対応を発表

今後の行動:MVNO各社へ内容証明を送付するなどして社の公式見解を待つ

 

無償解約を希望する方は「出来るだけすぐに解約したい」と考えていると思います。「訴訟で解決」しようとすれば最低でも半年~長くて数年を覚悟しなければならないので「勝った時には既に2年たっていた」という事になりかねません。従ってこの問題に関しては早くから動いて下さっていた総務省、消費者庁の対応を待ちたいと思います。こちらは過去の例から3ヶ月~半年程度で結果が出ると思います(対応して頂ければ)

 

今回請願を行った際に「違約金の問題や月間料金の問題で簡単に解約に踏み切れない」という現状を伝えることが出来ました。それにより「早急に解決すべき大きな問題」と受け取ってもらうことが出来たと思います。また、消費者庁との話し合いでは「現実的に多数の人間が誤認するのであれば書いてあったとかそういうものではなく問題である」という事をおっしゃっていただけました。

 

ということでこちらの問題は省庁の動きを信じたいと思います。しかし絶対と約束されたものではないので私としても活動を続けるつもりです。とりあえず、MVNO各社に内容証明を送付するなどして公式見解を確認しその情報を公開したいと思います。

 

既にUQ社は無償解約の個別対応をラジオにて社長が発表していますし各MVNOに関しても無償解約が出来たとのリプライを沢山頂いておりますのでみなさんも店舗などで無償解約の交渉を行ってみてください。また、総務省からUQ社のみならずMVNO各社に対しても「無償解約の要請」が行われているようです。

 

※個別対応とは言え無償解約が出来たという報告がどんどん上がっているのはとても嬉しい事です。完璧とは言えませんが沢山の方から無償解約出来たと報告頂けた事でこの活動の成果を確かに感じることができました。

 

 

2.無制限or制限を緩和して欲しい

今までの行動:総務省への請願

現在の状況:UQ社「規制後速度の一時的な緩和、x日yGBなどの新しいルールの検討」

今後の行動:個人で民事訴訟を行います

 

UQ社は現在規制後の速度を一時的に緩和しています。また新しく「x日yGB」などの新しいルールを検討していると発表しています。しかし、それを信じて放置すれば忘れた頃にしれっと制限を復活させることでしょう。今回の一時措置を持って「結果が出た」と活動をやめるつもりはありません。

 

今回の問題は「無線で無制限が可能かどうか」という議論ではなく「契約内容を守って欲しい」というその点を扱っています。

人によっては制限の事を一切話されなかったでしょうし、人によっては「殆どかからない」と説明されたと思います。もし本当に技術的に難しいのであれば「出来ないことは出来ない」そう言ってくれればそれでよかったのです。

 

もし契約が有効だとしても6月末までに契約した人は「混雑状況に応じて制限を掛ける場合があります」という重要事項説明で契約しているのでこれは「制限状況関係なく無条件で一律に制限をかける」という現在の状態とは全く違うものですし言葉の解釈なんて言い訳が出来るものでもありません。

契約をきちんと履行してもらうようにUQ社に対して私個人で民事訴訟を行います。すでに証拠の整理なども終わっておりますので出来る限り早く訴訟に移りたいと思っております。訴訟の日程などは後ほど記事を更新させていただきます。

 

※Twitterやコメントで確認しましたが「他に乗り換え先がなくてどうしても制限の緩和を望む」人は沢山います。今回の活動により一時的とはいえ緩和された事で緊急の問題は回避できたとホッとしていますが、そもそも契約外の規制をかけている点について訴訟ではっきりさせたいと思います。

 

 

3.これは刑事的に詐欺なのか白黒つけて欲しい

今までの行動:集団訴訟参加者への呼びかけ

現在の状況:証拠などの整理

今後の行動:詐欺だと訴える人の署名を8月中旬を目安に集め、今回集めた証拠とともに警察に委ねようと思っています

 

今回の問題についてとても多くの人間が「詐欺だ許せない」と訴えました。その反対に「問題はあるが詐欺ではない」という人もいました。果たして今回の問題は白なのでしょうか黒なのでしょうか? 

 

例えばこんな最高裁判決(刑事)があります

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

真実を告知するときは相手方が金員を交付しないような場合において、商品の効能などにつき真実に反する誇大な事実を告知してその旨相手方を誤信させ、金員の交付を受けた場合は、たとえ価格相当の商品を提供したとしても詐欺罪が成立する。

 

私達は真実=3日3GB制限を告知されていれば契約はしなかったでしょう。そう考えると最高裁の言葉を置き換えて判断するのであれば詐欺が成立するように感じます。しかし、私達は素人ですので色々話し合ったところで推測以上の答えは出せませんし、セーフなのかアウトなのかわからない現状はとてもモヤモヤします。

 

そこで「プロである警察・検察」に判断してもらいたいと言う声が多数寄せられました。我々素人があーだこーだ言うよりもプロにまかせてプロの手で捜査してもらうことが出来れば今回問題を訴えた2000人以上の人間が納得できるのではないでしょうか。

 

本来刑事告訴は集団でするものではありませんが「これだけの数の人間が被害を受けた」という事実は無視できるものではありませんしみなさん一人一人が思っている問題をきちんと警察に「集団として」訴えたいと思っております。

他の問題に解決の見通しがたってきたので最初の目標とは変わりましたが「集団刑事告訴」のような形で我々の想いを警察に委ねられればと思っております。後ほど記事を更新するのでお待ちください。

 

※8/5 追記 記事を公開しました

【8/5】「平然と人を騙し問題になれば『誤解』で済ます。これは詐欺じゃないの?なんでこれが許されるの?」UQWiMAXのやり方が許されるのかプロである警察・検察に捜査をお願いしたいと思います【刑事告訴】 - モバイル健全化への一歩

 

※殴られた蹴られたという話であれば素人である私達でも理解できますし警察に駆け込みますが、このような複雑な問題の場合はそもそも犯罪なのかどうかもわかりません。だから私達素人の考えではなく「プロである警察に詐欺なのかを判断して欲しい」という声が多くありますし私自身もその意見に賛成しております。実際に提出が出来るかはともかくどれくらいの人間が詐欺だと感じているかを確認するために署名を集め状況を判断して刑事告訴することを考えています。

 

 

最後に

以上3つに絞り活動の内容と成果、今後の活動内容をまとめさせて頂きました。再度となりますが、この度は自分のキャパシティもわきまえずなんでもかんでもやろうとしてみなさんに迷惑をかけてしまい本当に申し訳ありませんでした。

「私が出来る事は少ない」と猛省した上で、できること(上の3つ)に関しては全力で取り組ませていただきますのでご協力頂ける方は是非よろしくお願いします。

 

 

こちらのTwitterで引き続き情報を発信しております