モバイル健全化への一歩

まだ我慢が必要ですか?

ユーザーを馬鹿にし続けた「UQ WiMAX」に対する集団訴訟を起こしませんか?※追記あり

※2015/7/5 16:30 追記

予想以上の反響で驚いています。この集団訴訟を提起した背景には「ユーザーを騙す誇大広告を平気で掲載するモバイル関連企業の倫理」及び「それを正す何かしらの圧力が無い」という現在を変えたいという想いも含まれています。

 

 

例えばアメリカであれば消費者に対して不誠実な会社には「懲罰的罰金」の支払いを行わせています。日本を訴訟大国にしろとは思いませんが今回のようなあからさまに問題のある企業に対してなにかしらのペナルティがあってしかるべきなのではないでしょうか?

【米国】「速度無制限」が嘘だとして通信会社に130億円の懲罰的罰金|やまもといちろうコラム - デイリーニュースオンライン

 

政治的な話ではなく単純に「嘘をつかないで欲しい」という本当にたったそれだけのことなのです。企業側も勘違いしていたとか実際に運用したら問題が起こったということならしょうがないでしょう。でも今回の件は「騙すつもりでなければ出来ない宣伝」なのです。こうしてユーザーが怒っている今ですら「動画もサクサク!」なんて宣伝PVを平気で公開しています。この企業はどれだけユーザーを馬鹿にしているのでしょうか。

 

こちらで関連する署名活動を始めました。WiMAXを使っている方も使っていない方も一度目を通していただけると嬉しいです。

uqwimax.hatenablog.com

---

 

無印WiMAXは素晴らしいサービスでした

WiMAX2+になると発表された時どれだけの人間が喜んだでしょうか?

 

「ギガ放題 月間データ量制限なし」

「他社のように使い過ぎたら遅くなるなんて事はしない」

「最高速度220MBps」

 

ユーザーを惹きつける数々の発言。「やはりWiMAXはわかっている」と喜んだユーザーがどれだけいたことでしょう?

 

 

それが蓋を開けてみれば「3日で3GB制限(実質1日1GB制限)」を帯域の混雑関係なく開始しPCを持つものであれば必ず行う「OSのアップデート」すらままならない状態

同時に加入をすすめてくる動画サービス「U-NEXT」を40分みただけでヘビーユーザー扱い

 

一体誰がこんなサービスだと予想したでしょうか?

 

数々の苦言、批判を全て無視し、こっそり利用規約を変更しその通知すらしない、未だに「月間データ量制限なし」とサイトにでかでかと掲載している

お客様の生の声をお届けします」として掲載しているTwitterはその100倍以上ある苦言を全て無視して都合の用意ものだけを集めている徹底ぶり。Facebookも苦情を書けばすぐにブロック&削除

 

一体どれだけユーザーをバカにしているのでしょうか?

 

 

「帯域」というものは目に見えませんが立派な国民共有の財産です。その価値は分かりづらいですが数百億円かけても獲得したがる企業が沢山いる希少性の高いものなのです。

 

UQWiMAXが新たに割り当てられた帯域2.5GHz帯が、国民の財産が、国民を騙すために、国民を馬鹿にするために使われてていいのでしょうか?

 

Twitterを見ればWiMAXに対する苦情が溢れ、総務省も経済産業省も数多くの苦情が入っているにもかかわらず動こうとしない

 

※KDDI/UQには総務省から数多くの天下りが行われています。総務省の電波部門の部長だった人間が天下りした直後に他社の申請を無視し、UQWiMAXへの2.5GHz帯20MHzの割り当てが行われたなんて事があり、それについてSoftBankの孫社長が行政訴訟を起こそうとしたこともあります。もしこのまま対応が無いようであれば関係を疑われても仕方ないのではないでしょうか?

 

 

だから泣き寝入りでいいのでしょうか?

 

 

これだけの人数が「騙された」と感じるのはハッキリ言って異常です。どう考えても優良誤認いや、明らかに分かっていてやっているので詐欺といえるかもしれません。

総務省が見て見ぬふりをするから、UQが無視を決め込むから、だから被害者が増え続けるのに我々は泣き寝入りでいいのでしょうか?

今この瞬間もよく分からないままUQの広告を信じて契約し、騙されたとストレスを抱える人が増えているんです

 

いつからこの国は「騙されたほうが悪い」「情弱」などと言われるようになったのでしょうか?そんなことがあって言い訳がありません。「騙すほうが悪い」こんなの当たり前のことです。

しかし我々一人一人が苦情を入れたところで効果はないでしょう。それは今まで多くの人が苦情を入れても無視され続けてきたことから分かります。

それなら残された道は一つしかありません。

 

 

集団訴訟しませんか?

 

 

 

 集団訴訟は被害の救済だけでなく社会的な問題提起につながります。こんな会社があるということをこんなやり方は許されないという声を上げませんか?

 

 

WiMAXを許せない方、これ以上被害者を増やしたくない方は是非ご参加ください

最低50人いれば訴訟は行えます。実際にどこかに赴く必要もなく、費用も必要ありません※委任状を3通郵送していただくだけです

 

※追記 個人個人から費用を集めると大変な手間になるため、有志からのカンパで費用を支払いたいと思います。足りない分は上限500万円まで発起人が支払います。出来る限りの人数で事に臨みたいと思っております。

 

集団訴訟には刑事民事の2種類があります。今回の件に関しては「詐欺」と感じるユーザーも多いでしょうがそれを立証するのは大変なことです。

弁護士さんとの相談の結果次第ですがおそらく民事での訴訟となるでしょう。

 

また、集団訴訟を行う場合は全員の目標を統一する必要があります。今回の集団訴訟では以下の点を求める予定です。※弁護士さんとの相談の結果取り入れられないものもあるかもしれませんが、出来る限り全てを求めるつもりです

 

  • 悪質な広告表現を全て排除すること
  • 契約したユーザー全員に手紙などで謝罪を行うこと
  • WiMAXを信じて光の解約をしたユーザー・途中解約で違約金を取られたユーザー・月間費用を支払っているユーザーも居ることから一律で○万円の費用を支払うこと(弁護士さんと相談の上金額は決定)

 

  • 1.希望者全員の無償解約を行う&その旨を全ユーザーに手紙などで送付すること
  • 2.1が出来ないのであれば広告通り一切の制限を撤廃すること

 

 どれくらいのユーザーがこの集団訴訟に参加するかによって変わってきますので参加して頂けるかたがいるか予め調査したいと思っております。

 

 

WiMAXのやり方が許せない方はこの記事に一人一コメントお願いします。

既に解約した方でも構いません。コメント数(参加者数)が50件を超えるようであればこのサイトを立ち上げた自分が責任を持って弁護士さんに掛け合わせて頂きます。

 

集計は7月15日までとさせていただきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

頂いた質問

Q.契約したのは○○電気だから、この訴訟に参加できない?

A.代理店がどこかは関係ありません。プロバイダを巻き込むか、提供元であるUQのみを対象とするかは集まった人数によって変わります。今回の件(制限詐欺)についてプロバイダが知っていて契約を結んだのであれば問題となりますが、プロバイダ側もUQの広告を信じて契約を取ったとなればプロバイダに非はありません。従って大本のUQに対しての活動となるためどのプロバイダであっても関係なく参加できます。

 

Q.UQには不満だがWiMAX以外の選択肢が無いため潰れられては困る。待遇改善のみを求める事もできるか?

A.今回の提案は既に解約したユーザーに対する保証+現在利用しているユーザーに対して「広告通りの機能を提供してもらう」ように要望するものです。「自分で言ったことは守ってもらおうじゃないか」ということで、使い続けたいと思っている方でも勿論参加可能です。

 

 Q.○月契約だからまだそんなに時間がたっていないのだけど

A.契約した月、契約期間は関係ありません。WiMAX側の広告を信じて契約したかどうかが焦点です。これだけ広告が溢れかえっている以上、どこかしらで目にしている事は間違いありませんしそれを信じて契約した方は全員参加出来ます。

 

 Q.これからの流れを教えて下さい

A.予定ですが

【~7/15】 このブログで参加表明を頂き希望者の概算を行う(同時進行で弁護士さんを探す)

【決まり次第】 弁護士さんの発表と訴訟委任状の送付先の公開

【~8/15(予)】 委任状送付締め切りと裁判所への申し立て

という予定です。参加表明者が予想よりもハイペースで増えているため前倒しになるかもしれません。遅くとも旧WiMAXの速度が一律1/3になる9月までには裁判所に申し立てたいと思っております。

 

Q.途中でUQが謝罪会見を行い速度制限を撤廃したら?

A.どうせまた嘘でしょう。これだけ騙されたのに信頼できるわけがありませんし活動に変わりはありません。集団訴訟を行い裁判所からの命令をもって初めて我々は安心することが出来る。違いませんか?

UQの発言を信じる事ができる猶予はとっくに終わりました。もしこうなった時にあなたがUQを信じられるというのであれば降りることは勿論可能ですのでご安心ください。全体の意思としては変わらず行動します。

 

7/4 23:00 追記

集団訴訟が長期化した場合その期間の料金の負担などの問題があります。単純に参加者1000人が3ヶ月契約し続けるだけでもUQ側に4000円x1000人x3ヶ月=1200万円のお金が流れる事になります。訴訟により後ほど返金されるとしても我々としては望むものではありません。

被害者である我々が望むのは大きく以下の2点に集約されるでしょう。したがってもしUQ側が反省し以下の対応を訴訟決行までに行うということであれば活動は見送ろうと思います。

  • UQが謝罪し広告を撤回。希望者すべての無償解約に応じる。また、既に解約した人間に関しても申し出た者全ての違約金の返金を行う
  • 広告通り規制の完全撤回もしくは最低でも旧WiMAXで実現していた40Mbpsが常時利用可能になる

もし今月の15日までにこの両方の対応がUQから発表されたのであれば今回の活動は見送ろうと思います。ユーザーの負担を考えればそれが最善だと思っております。しかし発表が無いようであれば粛々と対応させていただきます。我々ユーザーからはUQに対してこれを本当の最終通告としたいと思います。

 

Q.訴訟ありきなの?

A.訴訟前提ではありません

これだけの人数が強い怒りを持っていることを知ってもらいUQに対して何かしらの動きがあり、その結果UQが謝罪すればそれで目的は達成できたと思っております。

例えば総務省であったり、都道府県であったりが動いてくれるということであれば目的は達成したと言えるでしょう。

発起人はこのブログにコメント頂いた方々の代表として関係各所に現状を伝えて行こうと思っています。訴訟はそれでもだめだった時の最後の手段だと考えています。

 

-- 追記 7/5 22:50

今後の活動

発起人が明日以降消費者団体及び総務省などの各所にこのブログのコメントと頂いた署名を持って苦情の申し入れを行っていきます。その際のやりとりは記事として提出したいと思います。

 

7/15までに関係各所から明確な返事を頂く、もしくはUQWiMAXに動きがなければこのままの方向で進めたいと思います。

よろしくお願いします。

 

※追記 7/15

UQコミュニケーションズの発表を受けて今後の活動について書きました

 

【7/15】 UQWiMAXに対しての今後の活動方針 - モバイル健全化への一歩

 

ぜひご覧ください

 

 

こちらのTwitterで引き続き情報を発信しております